YouTubeでも脱毛・美容のことを配信中!

脱毛は痛い方が効果が高いって本当?

脱毛は痛い方が効果が高い?

わたしが初めて脱毛する前は、いろいろ疑問がありました。

そのうちの一つが、「脱毛は痛い方が効果が高いの?」ってことでした。

それからエステ脱毛も医療脱毛も受けてみてこの疑問に対する答えが見つかったので、書いておこうと思います😊

脱毛は痛い方が効果が高い

脱毛は、たしかに痛い方が効果が高いです。

痛いということはそれだけパワーが強い=毛根をしっかり破壊できるということになるので、効果を早くしっかり出したいなら多少の痛みは我慢する必要があります。

しかし、痛いとは言っても、エステ脱毛ではほぼ痛みを感じないですし(輪ゴムで軽くパチンと弾かれる程度)、医療脱毛でもVIO以外はそこまで痛くありません。

わたしがエステ脱毛を受けていた時は、痛くないかわりに効果もまったくと言っていいほどありませんでした💦

一方医療脱毛に切り替えてからは、エステ脱毛よりはたしかに痛いですが、1回目から確実な効果を感じることができました。

痛みを抑えるには?

「そうか、脱毛で高い効果を出すには痛みを我慢しなければならないのか…」と思った人もいると思います。

でもそれはちょっと違って、医療脱毛でも痛みを抑える方法があります。

それは、麻酔や痛み止めです。

麻酔は注射ではなく、クリーム麻酔、笑気麻酔、貼るタイプの麻酔などがあり、痛みを軽減することができます。

わたしはVIO脱毛でクリーム麻酔を使ったことがありますが、使った時の方がやっぱり痛みは軽減されていい感じでした💡

また、クリニックによってはロキソニンなどの痛み止めを出してくれるところもあります。

このように、麻酔や薬といったクリニックならではの対処法で痛みを抑えることが可能になっています。

「そこまで痛くない」というのが正直な感想

脱毛するなら、多少の痛みは覚悟した方がいいかもしれませんが、実際やってみるとそこまででもなかった、ほとんど痛みを感じなかったという人もいます。

今は吸引機能や冷却機能で痛みを抑えてくれる脱毛機器がほとんどなので、そこまで心配しなくてもいいかと思います。

逆に痛みがないからとエステ脱毛を選ぶと、効果を実感するまでかなり遠回りになってしまうので、個人的にはおすすめしません。

それでもどうしても心配な方は、クリニックのカウンセリングでテスト照射をしてみてください。

どんな感じかわからずにいきなり施術を受けるのは心配だと思うので、気になるクリニックには問い合わせをして確認してみてくださいね😊

参考になれば幸いです✨